2015年12月 4日 (金)

舞鶴おでんのレトルトパックを発売開始

20151218_oden

舞鶴では、昔から煮物、味噌汁などの味付けにジャコ(煮干し)から出汁をとるのが特徴であり、この舞鶴おでんも、地元のジャコ出汁をとっています。 ですから、中の具材も地元産品にこだわっていますが、出汁そのものが美味しいおでんです。 これまで、市内や県外のイベントに出店して、舞鶴おでんをPRしてきましたが、日本中の方がご家庭で楽しんでいただけるようにするためには、レトルト加工が必須条件であったために、この度、なんども失敗を重ねて、やっと完成に至りました。 地元の美味しい平天、ボウテンなどの具材の味を、出汁の味と一緒に召し上がっていただけるとうれしいです。

最初は、PRをこめて、1箱 500円(税別)で販売させていただくことにしました。 市内の観光施設である赤レンガパークの知恵蔵、西舞鶴駅中の舞鶴観光ステーション、とれとれセンター内の夢やなどで販売をはじめています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

舞鶴かまぼこ工房が完成

鶴かまぼこ工房(舞鶴かまぼこ手作り体験教室) が誕生!

かまぼこの町舞鶴に、待望のかまぼこ手作り体験教室がオープンしました。
5月1日から体験が可能となります。1週間前までにお申し込み下さい。
要領は以下の通りです。ぜひ手作り体験で、自分流に美味しい舞鶴かまぼこを味わってください。

20130422_taiken_01



◇体験可能日: 毎日10時半から12時までの午前中1回のみ。
◇所要時間: 約90分
◇受付人数: 小学生以上、1日 25名まで
小学生低学年の方は大人の付き添いが必要です。
◇体験会場: 舞鶴かまぼこ協同組合事務所内
住所: 舞鶴市下安久1013-11
◇体験内容: かまぼこ、ちくわ、天ぷらの3種類の成型を体験します。舞鶴かまぼこイロイロ話(歴史、こだわりなど)。
◇料金: お一人1,800円(税込)、大人子供同一料金。 2名の場合は2,200円
◇予約方法: 体験希望日の7日前までに、3名様以上でご予約下さい。
◇予約先: 合同会社まいづる広域観光公社(電話0773-76-0101)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

京都嵐山、良弥さんの店で舞鶴の天ぷらが大好評

京都嵐山の良弥さんから、舞鶴のかまぼこ業界に、新商品の開発の依頼をいただき、できあがった商品を独占契約を結んで、昨年の秋以降、すこしづつアイテムを増やしながら、京都でも有数の観光地である嵐山の店舗で販売していただいている。

20120407_arashi_01
1本200円で串にさした天ぷらをシリーズ化して販売していただいている。

枝豆入り、ゆばチーズ、えび玉ねぎ、たこねぎ、カニいり.......などの揚げたての串天が飛ぶように売れている。 

20120407_arashi_02

若い人からお年寄りまで、特に、現地に行って様子を見ていると、中国、台湾、あるいはヨーロッパ系の人たちまでが一緒になって買って食べてくれているのがよくわかる。

20120407_yoshiya_03_2

舞鶴の高級すりみの入った天ぷら.......と、のぼりまで用意して、舞鶴かまぼこのPRとお客様へ丁寧に情報を流しながら、いろんなノウハウを駆使して販売していただいている。 夕方になると、切れ目なくお客様がおとずれる。人気アイテムはなんといっても、『湯葉チーズ』の串天である。 手作りなので、数ができないので供給が追いつかないのが現状であるが、もう少し量産ができないか舞鶴かまぼこの側も、研究する余地がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

第三回かま板大賞の表彰式開催される

Photo_2

第三回のテーマは「絆(きずな)」、応募作は高校生を含む大人が15点、中学生50点、小学生7点、幼児61点の合計133点。審査の結果、仲むつまじく、老夫婦がかご一杯に買った野菜やかまぼこを手にほほえむ姿を描き「以心伝心老い二人」のメッセージを添えた山下さんの作品が大賞に選ばれた。他に特別賞=水上くみ子さん、井野玲子さん スクール賞、中学生の部は藤田彩紀さん、小学生の部は大塚風羽さん、幼児の部は福野琴音さんがそれぞれ受賞された。 尚、応募作品の展示は本年12月初旬から来年の1月いっぱい、舞鶴観光ステーション(JR西舞鶴駅構内)にて展示されることになっている。

Photo_3

表彰されたみなさんです。 本当におめでとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«第63回全国かまぼこ品評会でも水産庁長官賞が!!