« かまぼこは中年を救う!? | トップページ | 舞鶴かまぼこの特徴 »

2006年8月27日 (日)

加齢臭をおさえる食品の王様

60歳も超えてくると、人によっては加齢臭がしてくるため、若い人に疎んじられるようになるそうである。 今朝、テレビを見ていると、その加齢臭の発生を抑えるためには、汗腺の臭気除去能力を高めてやることで、加齢臭の発生を抑えることが可能であると言っていた。 汗のほかに、体内から加齢臭を出さないためにも肝臓の働きをよくすることが必要でもあると言っていた。 まず、サウナはやめて岩盤浴のようなゆるやかに体内の温度をあげてゆくような方法で、ゆっくりと汗をかくことで汗腺を鍛えて、汗の臭いが出ないようにすることが必要とのことであった。 足湯も効果的らしい........。

Mozuku
さて、食品に関して言えば、クエン酸が肝臓の働きをよくして、臭いの出るのを防止することや、フコイダンが悪臭原因物質を包み込んで糞と一緒に排泄するなどの働きがあることから、”もずくの酢の物”が加齢臭防止には理想的な食品であるとのことであった。 
将来、モズク入りのかまぼこを作って、これを短冊に切って、きゅうりなどと酢であえれば、中年必須アイテムの”加齢臭防止かまぼこ料理”ができるのではないだろうか?
>>舞鶴かまぼこのサイトはこちら

|

« かまぼこは中年を救う!? | トップページ | 舞鶴かまぼこの特徴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加齢臭をおさえる食品の王様:

« かまぼこは中年を救う!? | トップページ | 舞鶴かまぼこの特徴 »