« 「かまぼこの街・舞鶴」の看板 | トップページ | 日本の食品産業は »

2007年8月28日 (火)

生産者が見えない日本人は.....。

Itatuketetuke2
食料自給率は低く、さしたる鉱物資源があるわけでもない。まして世界有数の借金国でありながら、豊富な国民の貯蓄を担保に、どんどん税金を使って損をしても誰も罪人にならない国、日本では、平和を建前に自分の国は自分で守るという気概さえ持たず、どうなるかわからない外国の軍隊による擁護を期待したり、仕事はしたいけど、しんどいのは嫌というような勝手な人間が増えている。困難には敢えて立ち向かわないという卑怯な考えが、美化されているような風潮を打破しないといけない。
自然の中で妥協を許されない環境で、働いている生産者にも目をむけ、天の恵みや自然に感謝して生きてくことを忘れてはならない。日本人はもっと人間の生命の根源的な部分である創造と開発等にもっと関心を寄せないといけない時期に来ている。マネーゲームだけに呆けるのはよくない。日本は技術と能力で世界に貢献して、食べさせていただく美しい国をめざさないといけないのだと思っている。

>>舞鶴かまぼこのサイト

|

« 「かまぼこの街・舞鶴」の看板 | トップページ | 日本の食品産業は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「かまぼこの街・舞鶴」の看板 | トップページ | 日本の食品産業は »