« かまぼこ類の生産量の推移 | トップページ | 舞鶴かまぼこの販売エリア »

2007年10月23日 (火)

舞鶴かまぼこの品種構成

Maizuru_hinsyu
舞鶴かまぼこは全体としてどのような品種構成になっているのかを平成17年に統計調査したものがこのグラフである。売上高から見ると、板ものが6割を占める。その次が揚げ物(=天ぷら)であり、両者を加えると85%になる。

Maizuru_hinsyu_2
いっぽう、生産量からみると、板ものはてんぷら、ちくわに比して単価が高いこともあり、板ものの生産量は全体の50%以下となり、揚げ物が4割近い生産をしていることがわかる。
舞鶴かまぼこのサイトはこちら
よろず研究室だよりのサイトはこちら

|

« かまぼこ類の生産量の推移 | トップページ | 舞鶴かまぼこの販売エリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かまぼこ類の生産量の推移 | トップページ | 舞鶴かまぼこの販売エリア »