« 舞鶴にロシアから研修員が....。(その1) | トップページ | 舞鶴にロシアから研修員が....。(その3) »

2007年10月25日 (木)

舞鶴にロシアから研修員が....。(その2)

Rosa_shokai_1
舞鶴は、城下町であり、”かまぼこ”は舞鶴を代表する土産品として定着し、市内の練製品市場ではかなり高いシェアーを有しているというような内容を、ロシア語に翻訳してもらったものである。

|

« 舞鶴にロシアから研修員が....。(その1) | トップページ | 舞鶴にロシアから研修員が....。(その3) »

コメント

わたし、愛媛の松山市に住居構えてマース。松山にはロシアン墓地があり、ロシアの方たちは、松山の坊ちゃん湯に入ったりされ過ごされてたんですよ。松山にも来られたらいいのにな~♡

投稿: ひとみちゃん | 2007年10月25日 (木) 13時29分

>ひとみちゃん、そうですかロシアにゆかりのある土地があるんですね。先週、大学の息子のところを訪ねて、ちょっと足をのばして金刀比羅山にお参りしてきました。松山も近かったんですよね。

投稿: かまぼこ博士 | 2007年10月25日 (木) 13時43分

ミッキーのかまぼこあるんですか?

投稿: ひとみちゃん | 2007年10月27日 (土) 20時37分

>ひとみちゃん、ミッキーのかまぼこはたしか....同業者ですが、小田原の鈴廣さんが作っておられたような記憶がありますが....。残念ながら、ああいうキャラクターは、勝手に使えませんし、使おうとするとお金がかかりますしね(笑)

投稿: かまぼこ博士 | 2007年10月27日 (土) 21時12分

さすれば、抹茶味、チョコレート味はいかがでしょう。ユリの形、結婚式には薔薇のかまぼこいかがでしょう。

投稿: ひとみちゃん | 2007年10月28日 (日) 19時34分

うむむ.....若い感覚なんでしょうな。
私らの世代では、チョコレート味のかまぼこなんて、絶対ついていけませんなあ(泣)
バラの蒲鉾はなんとかできそうですね。切り方オードブル教室でできそうです。

投稿: かまぼこ博士 | 2007年10月29日 (月) 16時11分

いい考えです。これいかがでしょう。
花の花弁をかまぼこの中に練りこむさいに
挟み込んで仕上げたら綺麗な蒲鉾できると思うんですけど、(例)桜、菊、など食せるもの。いかがでしょう。
ヒントのひとみさんより

投稿: ひとみちゃん | 2007年11月 1日 (木) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135114/8608183

この記事へのトラックバック一覧です: 舞鶴にロシアから研修員が....。(その2):

» aon rv insurance [aon rv insurance]
interlaced Tarzan Victorianizes displace [続きを読む]

受信: 2007年11月13日 (火) 01時22分

» payday loans no matter what your credit score is [payday loans no matter what your credit score is]
want?grantor directrix inexcusably, [続きを読む]

受信: 2007年11月22日 (木) 17時11分

« 舞鶴にロシアから研修員が....。(その1) | トップページ | 舞鶴にロシアから研修員が....。(その3) »