« 商品紹介「おらんだ」藤六謹製  かまぼこ百科 ㉑ | トップページ | 商品紹介 「海峰」「かに物語」   かまぼこ百科㉓ »

2017年2月 3日 (金)

商品の紹介 じゃこだらけ、ほたて天(嶋岩謹製)   かまぼこ百科㉒

 

『じゃこだらけ天』は、じゃこを骨ごとつぶして製品化している商品で、舞鶴では嶋岩でしか作られていない。 ㈱嶋岩は明治時代創業の会社であり、社長は嶋田宗昭(昭和32年生まれ)である。 不幸にも、若くして病気で愛妻を亡くしているが、まだ独身を通すには若いこともあり、現在、花嫁募集中である。

商品のネーミングとおり、原料としてじゃこを多用している商品であり、じゃこといえば、舞鶴ではカタクチイワシの子供をさしていうのが通常であるが、この天ぷらの材料は、ホタルジャコ(四国地区ではハランボと呼ばれている。)という小魚である。

最近では、嗜好の変化から、煉製品も色の白いものが好まれる風潮になっているが、実際には白身の魚だけでなく赤身といわれる魚もいて、赤身の魚を原料とした煉製品の色は、灰色あるいは黒っぽい色になってしまう傾向が強い。

ただし、こうした色の黒い傾向の商品は概ね、食感が脆かったり、白身のそれに比較するとしなやかさに欠けたりするのだが、栄養面では、高度不飽和脂肪酸(EPADHAなど)といわれるような身体によい成分を豊富に含んでいる。

特にすりみにする際の水晒しを抑えて、魚の味を強く引き出すことを目的としているために、食感はややしなやかさに欠けるが、一部、小骨ごと魚の身がミンチされて、製造に使われているので、魚由来の栄養価も非常に高いし、カルシウムも豊富である。

ホタルジャコの身は赤身と白身の中間色をしており、これを使用した商品は、どちらかというと、揚げたあとの外観も、白身魚のすりみを揚げたようなキツネ色といわれる褐色系ではなく、灰色系の色調をしているのが特徴である。

元々、じゃこ天は四国の八幡浜地区を中心とした名産品として有名になっているが、個人的には舞鶴の嶋岩製のじゃこ天のほうが、食感がソフトで、旨味もあり、塩気も少なく食べやすいと思う。

よく市内の某スーパーで揚げたての温かいじゃこだらけ天を販売しており、うちの妻がたまに買って帰って、すこし表面を焼いて、大根おろしを添えて出してくれるが、本来の魚の風味がして非常にうまいので、私の好きな酒の肴の一メニューに加えることが多い。

 

ちなみに青森産のホタテを天ぷらに練りこんだ嶋岩の『ほたて天』は平成23年度全国水産加工たべもの展で、大阪府知事賞を受賞した。

ホタテのうま味と魚肉のうま味がミックスされていて、美味しく、しかもホタテ貝柱の繊維が口の中でほどよくばらける食感が非常に心地よい。

だが、受賞したとたんに、東北大震災がおこり、三陸の海産原料は壊滅的な打撃を受けたため、ほたて天に使用していた安価で品質のよいホタテ原料が確保できなくなった。

このため、一時は注文に応じられなくなったが、東北の復興とともに、品薄状態も解消されてくるので、再び、たくさんの市民の口に入るようにと願っている。

|

« 商品紹介「おらんだ」藤六謹製  かまぼこ百科 ㉑ | トップページ | 商品紹介 「海峰」「かに物語」   かまぼこ百科㉓ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商品の紹介 じゃこだらけ、ほたて天(嶋岩謹製)   かまぼこ百科㉒:

« 商品紹介「おらんだ」藤六謹製  かまぼこ百科 ㉑ | トップページ | 商品紹介 「海峰」「かに物語」   かまぼこ百科㉓ »